ベトナムSGN空港の時間外チェックイン

◼️概要
SGN空港、第2ターミナル(国際線)ベトナムエアーの有人カウンターが利用できるのは出発時刻の3時間前。
しかし預け荷物なしならkiosk端末で搭乗券を印刷し入場出来ました。
ロータスラウンジも通常はカウンターでラウンジ利用チケットを渡されるのですが、無くても搭乗券とANAのステータスカードで利用可能でした。
◼️失敗
WEBチェックインしてA4の搭乗券印刷やスマフォのモバイル搭乗券(QRコード付画面)ではイミグレで審査官に拒否された。
ANAとかUNはいけるのに。。。
◼️成功:空港でkiosk端末で印刷
(WEBチェックインしていても改めてkiosk端末から印刷可能です。WEBチェックインなら24時間前から座席指定できます。)
しかしkiosk端末がまた曲者。3回やって2台が動作不良。正常に動く場合は画面にタッチすると、コードリーダーの赤ライトが点灯する。NGな端末は画面はすすむが印刷で空振りする。うまく動かない場合は諦めずに隣の端末を使うなどする。
さらにコード入力画面で入力フィールドにカーソルを当てると画面中央に新たなキーボードが表示されるが、ここから入力しても、搭乗券印刷ボタンがアクティブにならない。(入力フィールドの桁数チェックが効いていない。バグか?)
方法としてはキーボード右上のxをタップして消し、画面下に初めから表示されているキーボードから入力すると搭乗券印刷が可能になる。
(そもそも英数しか入力しないのにわざわざ別キーボードが表示される仕様がおかしい。。)
◼️その他
搭乗時間6時間前などかなり変則的な時間で入場しようとしているので、イミグレ後の手荷物検査でもちょっと訝しげに他の係員と何やら会話していた。どうせイミグレ通過しているので拒否はされないと思ってたけど。
深夜26時頃はラウンジはガラガラ。イミグレ、荷物検査も全く人がいないのでスイスイ行けます。
ロータスラウンジの1Fは26時に一度閉まってしまうが3Fのラウンジは利用できます。
朝6時ごろのフライトでホテルの部屋で中途半端に寝れないよりはさっさと空港に行って混雑前にラウンジでのんびりするのはアリだと思います。
ちなみに、有人カウンターが開いている昼間でもフライト時間の3時間より前に行っても「対応できない」と言われる(プライオリティカウンターでも!)ので、預け荷物がある場合は上記方法は厳しい。
バゲージドロップ専用のカウンターがあれば何かできるかもしれないが不明。

コーヒー

海外出張はストレスが溜まります。気温や時差、慣れない言葉、食事などなど。旅行で訪問するのとは違って業務で2週間も滞在していると気持ちも沈みがち。。

最近、そんなことを感じるようになって、これはイカンなと。改善すべく取り組んでいるのが、コーヒーを日本から持参するようになりました。ブラックコーヒーが好きで毎日飲んでいるのですが、上海の全家(ファミマ)でもブラックコーヒーを頼むことができなかったのです。あんまり美味しくないし。。。

私は酸味より苦みのあるほうが好きなので、ミルフィルターマグと一式持ち込んでいます。

アウトドア用なのでそれほど場所も取らず快適なドリップを楽しんでします。

日本にいるときも毎朝のルーティーンにすることで、リズムを整えるというか、そんな効果もあるように感じます。

海外出張に役立つアプリ

海外出張の際にほぼ必ず利用しているアプリ(主にiPhone)があります。

tripcase
フライト、宿泊を一括管理。予約番号も登録可能で飛行機の予定やゲートなどが変更になった場合も通知されます。トランジットや現地の国内線を利用する場合は変更情報はありがたいです。あと、過去の記録としても参照できます。予約情報をメール転送すると自動的に登録できるのも秀逸です。

maps.me
現地移動中に通信環境がなくてもGPSで位置情報を確認できます。飛行機に乗っているときも窓際などGPSが拾えればリアルタイムで自分の位置がわかり、ちょっとした暇つぶしにもなります。

 

GlocalMe
数年前までは現地SIMを調達していましたが、最近はこちらばかりになりました。理由はほぼ準備がいらない。レンタルwifiより安い。などなど。最初に専用のモバイルルーターを購入する必要がありますが、いろいろな国に頻繁に出張する場合は便利です。

 

Radiko
長期の海外出張は日本語が恋しくなります。そうでなくても、日本国内のニュースなど日本のラジオがリアルタイムで聴けるのは帰国後に浦島太郎にならないためにも必要です。VPNや位置情報を無効にするなどコツがいります。

 

海外はウォシュレットがありません

海外ではウォシュレットトイレがまずありません。日本でウォシュレットに慣れてしまうとないのはつらい(笑)

で、いろいろ探し回ったところ、コスパでおすすめなのはこちらです。
ホテルのトイレは洗面台やバスルームと一緒のところが多いので、水(冬場はお湯)も入れやすいし手軽に使えます。

もう、4年以上使っていますが劣化もなくて、水漏れもないですね。一度、ホテルに置き忘れてしまったので、改めて買いなおしたほど気に入っています。

完全ワイヤレスイヤフォン 低価格

いくつかワイヤレスイヤフォンを試す中で現在のお気に入りがこれです。

飛行機に乗るときはネックピローを利用するのですが、機内のヘッドフォンやiPhoneのイヤフォンだと枕部分が干渉してうまくフィットしません。かえって気になって眠れないこともしばしば。。。
で、このワイヤレスイヤフォンです。小さいので干渉しないのでいい感じです。
また、普段使いでは片耳で聞くことが多いため、片耳(左右それぞれ可能)だけでも利用できる点が気に入っています。

反面、デメリットとしてはマイクも内蔵されているのですが、口元から遠いせいでこちらの発話はほぼ入力されないようです。電話での会話などでは使えないかな。。